「モテる男シリーズ第9弾」一発アウト!女性に対して、してはいけない会話とは?

━━━━━━━━━━━━━

※まず、当ブログ概要を
説明しておきます

━━━━━━━━━━━━━

まずは、私のブログに遊びにきていただきましてありがとうございます。
はじめて私のブログに遊びに来ていただいた、あなたのために軽くこのブログのコンセプトを語ろうかと思います。

 

私のブログのコンセプトは
以下のとおりです▼

■■■■■■■■■■■■■■■■■■
『ブサメン以上フツメン未満の30代~40代のたいして給料もよくないし、貯金もほとんどない独身男性が、半年から1年でインターネットビジネスを使いこなして大金を稼ぎ出し、出会いがないとかほざいて行動に移せないアホ野郎から卒業し【お金】というリソースを使って、美人の多い街の中でも世の男性陣が羨ましがる最高と思う女性を手に入れるまで』
■■■■■■■■■■■■■■■■■■

上のコンセプトを見て、「なんだ、おまえ結局ネットビジネスの詐欺師かよ!」と思われた人もいるでしょうが、ご安心下さい。
『ネットビジネスに興味がない』というか、大きなお金を稼ぐつもりがない人に無理に私がやっているビジネスを押し売りするつもりはございません!
FacebookやTwitterなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)に群がるマーケティング(すなわちビジネス)の根本がわかってない業者と呼ばれる連中のような輩と一緒にされたくもありません。
と、いうよりも基本的には、ネットビジネスのことをこのブログで書くつもりはありませんし、ブログの内容は恋愛に対する原理原則や恋愛テクニックについてにしています。
なので、真面目に恋愛の事についてのみ、お話をしていきます。

以下からがブログの本文です!
では、どうぞ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今、ブログを書いている本日は、とてもいい勉強が出来た日だったと思っています。自分が本当にやりたいことは、何なのかを考える機会を得れたのは、本当に良かったです。

私の日常には、あまりあなたが興味があるかどうかわかりませんので、今回もサクッとタイトルテーマに入っていきましょう。

 

「モテる男シリーズ第9弾」

一発アウト!女性に対して、

してはいけない会話とは?

 

あなたには、どんな会話が一番アウトで、あるかわかりますか?そのことについて、私なりに解説していきますね。

 

女性とふたりだけのデートなどの時に、女性に対してしてはいけない会話というものがあります。いきなり結論になりますが、

それは何かと言いますと

「自分を大きく見せること」

「自分を小さく見せること」

 

この、2つになります。

まず、1つ目の「自分を大きく見せること」の典型的な例をいいますと、過去の自慢話や武勇伝などの、自分が興味があって自信があるようなことや、いろんな人が経験していないようなことをアピールしたり、自慢したりするような話し方がそれに当たるのでは、ないでしょうか。

これは、特に年配者というか、年齢が上がれば上がるほど、そういった傾向が高くなりこういった話をしてしまいがちです。

しかし、これは全くもって女性に対して逆効果にしかならないことが多いです。どういうことかと言いますと、

例えば、海外旅行に興味がある女性に「昔オレは世界一周旅行したことがあるんだよ」というような話をすれば、すごくあなたのことを尊敬してくれたり、興味を持ってくれるかもしれません。

恐らくあなたに興味を持ってくれることは確実でしょう。しかし、海外旅行にまったく興味がない女性であれば、とても退屈な話になってしまいます。

その雰囲気を察知して、すぐに話題を切り替えたりするなどの機転が利く場合はいいのですが、相手が興味がある、ないに関わらず、自分が興味があること(好きなこと、自慢話)を話し続けると、多分相手はあなたのことを嫌いになってしまうと思います。

「この人とは話が合わないな」という風に、思う可能性が非常に高くなるでしょう。

男性のそういった「どうだ、オレはすごいだろう」といった自慢話というのは、得てして女性には興味が無いケースが、非常に多いのです。そんな気持ちが出ていることを女性に察知されて、

自分を大きく見せようとすると、

逆に嫌われたり、

ウザがられたりされる。

 

と、いうことになってしまうでしょう。

ですので、自分に興味があることではなく、相手に合わせるという会話の仕方が重要であると思います。

一方で「自分を小きく見せること」をする人もいるわけです。例えば、「自分はしがないサラリーマンですよ」とか「全くモテないんですよね」そういったことをいう人が、実際います。

これはやはり、日本人特有の「謙虚さ」の現れなのか、あるいは相手に「同情」を買おうとしているのかもしれませんね。「こんなに、さみしいのだからなんとかしてよ」的な、そういう魂胆があるのかもしれません。

もちろん、そういった謙虚さというのは、人間関係やビジネスシーンなどの場では、必要です。社会で共同生活していく上では非常に重要な要素になると、私も思います。

しかし、恋愛対象の女性に対しては、このように「自分を小さく見せること」で、同情を買おうとする会話は、逆効果になってしまいます。

これは普通に考えればわかることですが、「まったくモテないしがないサラリーマンですよ」と自ら言っている男性に、女性は魅力を感じて、「この人に一生ついていこう」と思うかどうかということです。

しかし、

同情で好きになるほど、

女性は甘くない。

やはり、何か魅力を持っていたり、何かメリットを与えてくれるような、一緒にいれば自分にプラスになる価値があるといったものを感じなければ、付き合ってくれたりはしないでしょう。

ですので、この「自分を小さく見せること」という、こういう会話もやめておいたほうがいいでしょう。

でも、多少は自分を「大きく見せたり、小さく見せたり」することも必要ではあるとは思います。ただ、必要以上にそういう会話をするということではなくて、違うアプローチで女性の興味をひく会話をするというのをやっていくべきです。

これのポイントとなるのは、「自分が興味があること」ではなくて「相手が興味があること」を会話の話題にすることです。

「相手が興味があること」で会話を組み立てていき、実際に付き合ったり、相手に情がわいて、そこそこマイナスポイントをみせても自分から離れていかない関係になってからは、こういった会話をしてもいいのではないかと思います。

なので、

段階によって話す会話というのは、変わっていって良いと思いますし、変えていく必要もあるかもしれません。

と、いうことを最後にお伝えして終わりにしたいと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

女性

それでは、コメントをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です